2022年12月5日

看護師として小児科で働く魅力

看護師として小児科で働くことには、さまざまな魅力があります。数ある中でも多くの看護師が魅力を感じられるのは、何といっても子どもたちと触れ合えることでしょう。他診療科ではなかなか子どもに接する機会がないため、子どもたちの笑顔に癒やされるのは小児科で働く看護師の特権と言っても過言ではありません。もっとも、そうした魅力がある一方で、小児科ならではの仕事の難しさがあるのも事実です。特に乳幼児はなかなか言うことを聞いてくれないので、思うような看護ができないケースはよくあります。そのため、思うようにいかずにストレスを感じることもありますが、そのような部分も含めて子どもと触れ合えるのが小児科で働く看護師の魅力でしょう。

小児科の看護師として働くもう一つの魅力は、専門的なスキルを身につけられることが挙げられます。子どもならではの病気は意外と多く存在しており、それらについての知識や経験を得られる小児科は、看護師にとって絶好のスキルアップの場だと言えるでしょう。また、気難しい子そもの相手の仕方を習得できるのも、小児科で働く魅力です。初めのうちは、駄々をこねる子どもを目の前にして途方に暮れてしまうかもしれません。しかし、何度も根気強く接しているうちに、次第にどのようにコミュニケーションを取れば良いかがわかってくるでしょう。子どもが自分の言うことを聞くようになってくれたときには、これ以上ないやりがいを感じられるはずです。